Silverlightで構築したシステムの移行支援

現状、Silverlightを取り巻く環境は、以下のようになっています。

Silverlightは、リッチインターネットアプリケーションのフレームワークとして普及したテクノロジーですが、タブレット/スマートフォンとHTML5の台頭により、各種プラットフォームでのサポートが終了しつつあります。


Microsoftによるサポートが終了しつつあります

› Sliverlight4は2013年1月8日でサポートが終了しています。
› Sliverlight5は2021年10月12日までサポートを予定していますが、今後リリースされるブラウザのサポートは保証していません。
› 後継製品(Silverlight6)の開発予定はありません。


各種ブラウザでのサポートが終了しています

› Google Chromeは、Silverlightの動作に必要なNPAPIのサポートを、2015年4月14日に終了しています。
› Windows10の標準ブラウザMicrosot Edgeは、Silverlightをサポートしていません。


各種ブラウザでのサポートが終了しています


flowarrow

エイムネクストでは、Silverlightで構築されたシステムを
別のプラットフォームへ移行するサービスを提供しております。

移行先の例

例1: Webアプリケーション (ASP.NET MVC)

Webアプリケーションは、以下のメリットがありますので、多くのお客様におすすめできる移行先となります。

例2: Windows デスクトップアプリケーション (WPF)

以下のようなシステムをご検討されている場合は、WPFによるWindows デスクトップアプリケーションへの移行が有力な選択肢となります。

上記以外でも、以下のようなプラットフォームについてもご相談ください。





サービスのポイン

サービス実施の流れ