WPF導入支援

WPF(Microsoftの開発技術)の導入のコンサルティングから開発までサポートします

弊社にはMicrosoftの開発プラットフォームや開発技術に精通したコンサルタント/エンジニアが豊富におります。 ソフトウェア製品開発における様々な課題に対応しながら製品開発に貢献することが可能です。

サービスのポイント



サービス例(対応例)

  • C++からC#(及びWPF)への移植(移行)コンサルティング

  • 既存ソフトウェア資産(C++コードなど)を活用しながら新しい技術の適用

  • リッチユーザインタフェースの実現による製品競争力の向上

  • WPF(.NET)によるアプリケーションの設計・開発

  • Silverlightアプリケーションの設計・開発

  • プロトタイピング(コンセプトアプリケーション)

なぜWPFか?


技術的な観点では、その本質は、これまではGUI(Form)、Document、図形、Mediaに対し異なる4種類の技術を使用してきましたが、 WPFにより同じFrameworkに初めて統一されたことです。これにより、従来よりデザイン性やユーザビリティの高いアプリケーションへ再設計することが可能となります。

開発生産性の観点では、機能開発とは分離した上で、様々な“見た目(デザイン)”のカスタマイズが容易にできるという点が 採用メリットとなります。マークアップ言語(XAML)の採用により、デザイナーと開発者の分業が可能です。

ビジネス拡大のため、従来とは異なるアイデア・要件の実現を新しい開発技術は可能にしてくれるのです。