保守・運用のプロセスを再構築したい

エイムネクストが解決します

システム保守運用プロセスの問題をITILとDevOpsで解決

システムは開発/導入すれば終わりでなく、運用してこそ価値を生み出すものです。 しかし、長期間運用していくことで、機能追加や脆弱性対応などの保守運用作業が発生します。 その保守運用プロセスでは、開発プロセスと同様に、さまざまな問題を抱えている場合が多いです。


問題点1
flowarrow

以下のような課題・ニーズはありませんか?

もうすこし具体的な例だと、

問題点2


flowarrow

ITILは参考にしていますか?

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、 イギリス政府によって公表された、ITサービスマネジメントにおけるベストプラクティス集です。 「~すべき」ではなく「~したほうが良い」というガイドラインであり、複数フェーズ・プロセスごとに整理され、部分導入でも良いという概念です。


ITILプロセス概要

それともDevOpsを参考にしていますか?

DevOpsとは、 開発担当者と運用担当者が連携して協力する開発手法です。 品質を維持しながらも高頻度リリースを目標にした、スピードを考慮した概念であり、 スピードを実現させるため、自動化ツールを連動させる概念です。


DevOpsツール組み合わせ例

ITILとDevOps、どちらを採用するべきでしょうか?

ITIL&DevOps比較

ITILとDevOpsは、どちらか択一な概念ではなく、むしろ両者共存させるべきです。 あくまでも考え方のバランス問題であり、部分最適化と全体最適化の問題です。


ITILとDevOpsに対する誤解

エイムネクストが提供するサービス

ITIL Lite(※3)とDevOpsの融合

解決策

ITIL LiteとDevOpsの融合マネジメント

※3 ITILの部分導入を推奨したフレームワークです。


お客様から現状と理想をヒアリングさせていただき、 お客様独自のサービスマネジメントを設計/提案いたします。 そのうえで、必要なツール環境を構築し、プロセス遵守率向上および保守運用コスト削減を実現します。 必要なツールはお客様が求めるサービスマネジメントによって異なります。下記図は導入事例の一部で、テストツールはほかにも複数種選択可能です。(CheckStyle, JUnit, serverspecなど) また、お客様と一緒に運用しながら、現場目線から継続的にサービス改善策をご提案させていただくことも可能です。

運用コスト削減


サービス実施の流れ