AIスクエア

AIを使ってベテラン(人)に依存しないモノづくりをサポート

スキルや経験のある “ベテラン(人)”に依存した、モノづくりとなってしまっている製造現場は多いと思います。

ただこのようなモノづくりには

ベテランがいなくなると生産のクオリティが落ちる
ベテラン作業者のスキルの継承できていない
そもそも人の確保自体が難しい

といった課題があります。

このような状況においてベテラン(人)に依存せずに、生産性や品質を確保したものづくりを推進していくためにのサポートツールとして、AIスクエアというソリューションを提供しています。

今回はこのソリューションのうち、部品識別ツールの紹介をします

AIを使った部品識別

部品の識別は製造現場にとっては必須である一方、以下のような課題があると思われます。

現場に置かれている(現品票なく)部品の品番が分からない
類似部品が多く、取付ミスが発生している
部品の確認作業、使用記録に工数を要している

このような部品識別のツールとしては、バーコードやRFIDをつけるという手段が一般的かと思いますが、ケースによってはこれらが最適解でない場合も多々あります。

部品ごとに付けるにもコストや手間はかかる
部品の形状/素材により付けることが難しい
塗装工程、組立工程、板金工程など工程の特徴上難しい
RFIDがつけにくい部品


そこでAIスクエアでは部品の撮影をすると、あらかじめ学習させておいたAIがその部品の品番を特定するというソリューションを作成しました。

このAIを使った部品識別により

誤部品の取付防止
部品の確認作業の工数削減
部品使用の自動登録

といった効果が期待できます。

RFIDがつけにくい部品

こちらは1例になりますが、エイムネクストではお客様のニーズに合わせて、ハードウェア・学習方法・アプリケーションなどをカスタマイズした最適のソリューションで提供させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。


スマートファクトリー関連リンク

スマートファクトリー Industry4.0 インダストリー4.0およびインダストリアル・インターネットへの考察 Industry 4.0に対応したい AIスクエア 製造業におけるIoT IoTで何を目指しますか? 製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション) デジタルツインの活用 効率的にトレーサビリティを向上させたい 統計的品質管理を、効率よく実施したい 製造現場のビッグデータ活用 工作機械のためのオープンプロトコル“MTConnect” MES領域のKPI国際標準“ISO22400” IoTで成形工程を改善する IoTで加工工程を改善する スマートファクトリー研修 ERP・生産管理システムの導入効果の実現方法 関連書籍 AIZAK