IoTで成形工程を改善する

製造現場のIoT化は組立工程のみでなく、部品を作成する成形工程やプレス工程にまで及んでいます。成形工程では品質の高い製品を製造するための成形条件の特定が容易でなく、これまでは人が細かい成形条件の調節を行い試行錯誤で対処してきました。しかしこれら成形条件の管理をIoTで行うことで、人の手を要さない、より現実的な管理が可能となります。成形SmartFactoryでは成形工程から様々なデータを取得することで、この成形条件の管理をサポートします。

成形工程におけるSmartFactoryとは?

成形機だけでなくその周辺機器(金型、温調機など)のセンサーからデータを取得し、成形工程を「見える化」実現します。例えば成形品1個に対する成形条件と品質データを記録し、そのデータを使って相関分析を行い、良品となる成形条件を導き出します。さらにSmartFactoryは成形条件の変更を監視して、異常時にはリアルタイムで通知することで、成形条件の管理レベルを向上させます。

成形SmartFactoryの実績

スマートファクトリー関連リンク

スマートファクトリー Industry4.0 インダストリー4.0およびインダストリアル・インターネットへの考察 Industry 4.0に対応したい 製造業におけるIoT IoTで何を目指しますか? 効率的にトレーサビリティを向上させたい 統計的品質管理を、効率よく実施したい 製造現場のビッグデータ活用 工作機械のためのオープンプロトコル“MTConnect” IoTで成形工程を改善する 関連書籍