ISO22400

MES領域のKPI国際標準“ISO22400”

ISO22400とは、MES(製造実行システム)領域でのKPI(重要業績評価指標)と、それらを構成するデータの国際標準です。ISO22400では、生産性、品質、能力、環境、在庫、保全の6つの領域について、合計34項目のKPIを定義しています。

KPI一覧

また、各KPIごとに、定義式及び構成要素が定められています。それらの要素には、生産設備、生産システムから取得出来る情報はもちろん、作業者のオーダー別実作業時間といった、自動で取ることが難しい生産情報も含まれます。

以下の図は、『生産性指標』の1つである、『総合設備効率』の例になります。

OEE構成モデル

MES領域のKPI標準化の狙い

ドイツがIndustry4.0の取り組みの中で、最も重要視していることの1つが『標準化』です。
『つながる工場』の実現に向けて、センサー、制御機器などの工場設備から得られる情報を標準化することで、異なる工場設備から同一の指標を用いたベンチマーキングが可能になります。それはすなわち、異なる工場を横断した、経営情報と生産システムの現場との情報を統合的に可視化することができるようになるはず、と考えたのです。

ISO22400と他規格との関係

ISO22400は、ISA95(IEC62264:以下ISA95と呼ぶ)を参照して策定されています。ISA95は製造にかかわる業務機能の階層モデルを定義し、それぞれの階層で扱うデータを定めた規格です。ISO22400では、ISA95のなかでLevel3と定義された、MOM(Manufacturing Operation Management:製造操業管理)階層を対象領域としてKPIを定義しています。

KPI一覧

前述の通り、KPIの算出に必要なデータ群の中には、設備の中で発生するデータもあります。そういった設備からデータを取る際の通信規格として、OPC‒UAがあります。OPC‒UAは、「Industrie 4.0(インダストリー4.0)」のReference Architecture Model Industrie 4.0(RAMI4.0)で通信層の標準とされており、OPC-UAを使ってISA95に定義されたデータを通信するための共通モデル(Common Object Model)もリリースされています。これらの標準により、多様な設備で発生するデータを、統一されたシステムや枠組みで収集・分析することを可能にしています。

スマートファクトリー関連リンク

スマートファクトリー Industry4.0 インダストリー4.0およびインダストリアル・インターネットへの考察 Industry 4.0に対応したい 製造業におけるIoT IoTで何を目指しますか? 効率的にトレーサビリティを向上させたい 統計的品質管理を、効率よく実施したい 製造現場のビッグデータ活用 工作機械のためのオープンプロトコル“MTConnect” MES領域のKPI国際標準“ISO22400” IoTで成形工程を改善する IoTで加工工程を改善する 関連書籍